同時申し込みは「借りられないリスク」を高めます

「借入限度額の考えると、1ヶ所で借りたのでは足りない・・・」そんな時には、「せめて2つの業者から借りられたら助かる」と考えがち。

 

でも、1ヶ所で借りる場合の審査に通る人が2ヶ所同時申し込みをすると審査に落とされてしまう可能性が高まります。もちろん100%の確立で審査落ちするわけではありませんが、よほど評価の高い人でなければ1件目はOKでも、2件目で落ちてしまうでしょう。

 

同時申し込みのどこがダメ?

同時申し込みを考える人というのは、相当切羽詰っている人に違いありません。したがって、普通の感覚では同時申し込み自体思いつかないものなのです。そこまで追い詰められている人であれば、返済が順調に行われるとは考えられません。

 

最悪の事態となれば、債務整理を行うかもしれませんし、始めから自己破産を狙ったケースも無きにしもあらず。そのようなことにならないよう、金融業者は細心の注意を払って審査を行います。特にリスクの高い同時申し込みを安易に受け付ける業者は皆無ということですね。

 

同時申し込みと連続申し込みは異なります

同時申し込みとは、ひとつ目の業者で申し込みを行った後にもうひとつの業者で申し込みを行うこと。一方の連続申し込みとは、1回申し込んだ後に同じ業者でもう一度申し込むことです。同時申し込みは審査で落とされることが多いのに比べ、連続申し込みする人は一定の割合で存在します。ただし、3回連続では見込みは低いと考えたほうがいいでしょう。

 

2件連続で落ちたら、諦めたほうがベター

もしも2件連続で審査に通らなかったのであれば、3件目にチャレンジするのは無意味でしょう。2件とも落ちたのですから、審査に落ちてしまう要素がたったひとつとは考え辛く、他の業者を当たったとしても審査に通るとは思えません。2件目でダメだった時点で、お金の調達方法の軌道修正を行ったほうが建設的です。

 

どうすれば同時申し込みや連続申し込みがバレない?

実は、審査の申し込みも含めた信用情報が更新され続けているためです。それ以外にもクレジットカードやキャッシングの履歴などもチェック可能。審査の申し込みはリアルタイムでチェックができる便利システムなので、申込者がどこで何時に申し込みをしたかは直ぐに明らかになります。したがって、同時申し込みや連続申し込みがバレないですむ方法はないのです。

 

なにがなんでも借りないとヤバイ人対策

2件続けて審査落ち。でもお金を準備しないとヤバイ。そんな人は3件目のチャレンジを考えるかもしれません。でも、これは前述の通り、時間の無駄になりかねません。そこで、苦肉の策として独自審査を行う業者から借りるという手がありますが、あまりおすすめはできません。

 

独自審査ってどんなふう?

独自審査とは、自社の基準に則って行われる審査のことです。つまり、金融業界の虎の巻である信用情報を用いない審査を行うということ。多少は参考にするようですが、その情報を基に審査を行うわけではありません。

 

したがって、通常では審査に通らないと思われた人でも借りられる可能性がアップします。その確率は銀行や消費者金融を軽く上回ります。どうしても借りなくてはならない状況で、「ヤミ金だけには手を出したくない」という人であれば、検討してみるのも一案です。

 

「独自審査を行う業者=高金利」は常識です

どうしても独自審査を頼らなくてはならない状況であるならば、金利がとても高いという事実をもう一度心に刻みましょう。独自審査を行う業者の金利は年20%が相場です。これがどれくらい高いかというと、20%は一般消費者金融で遅延してしまった場合の利率です。

 

要は、ペナルティ料を課せられた状態と同じ金利を払わなければならないということ。ヤミ金とは異なるものの、あと0.1%上がればヤミ金と変わりありません。ヤミ金よりはマシ、でも消費者金融とは比べ物にならないくらいの金利を支払わなければならない。独自審査を行う業者とは、そんなポジションです。

 

でも歴とした企業として営業を行っているのは事実です。金利は高いけれど、その存在を必要とする人が大勢いて、きちんと経営が成り立っている企業であることは間違いありません。このような独自審査を行う業者のもうひとつのデメリットとして考えられる点は、コンビニや銀行のATMが使えないことが挙げられます。借入と返済時共に使えません。

 

返済に不便が生じると、何かと滞ってしまうこともあるでしょう。そういった意味でも独自審査を行う業者はおすすめではありません。現在は日払いのアルバイトもスマホで検索できる時代です。自力で稼ぐ、または身内に借りる。健全な生活を営むには、これらの手段のほうが無難でしょう。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日