自己収入のない専業主婦でもキャッシングはできる

自分自身に収入のない専業主婦であっても利用できるキャッシングサービスは存在します。もちろんその場合、収入証明書がなくても大丈夫です。

 

専業主婦と一言で言っても様々なスタイルがありますが、あくまでこの場ではその定義を自己収入が一切なく、パートやアルバイトといったものもしていない、別に家計を支える収入を持った配偶者のいる人とします。そしてそのような自己収入のない専業主婦がキャッシングを行う時に最適なのは銀行カードローンです。

 

主婦でもおすすめなキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦に銀行カードローンが最適な理由

まず第一に、自己収入のない専業主婦では通常の消費者金融によるキャッシングは残念ながら審査が通りません。中小の消費者金融であれば一部で融資を受けられることもありますが、これは高金利など非常にリスキーなどで避けた方が無難です。

 

その点、銀行カードローンには配偶者貸付という専業主婦に向けた独自の制度があり、有名銀行ならば比較的金利も安く審査も手早く終わるため、専業主婦であればまずは銀行カードローンに申し込みをするのが基本となります。

 

お金を借りるのに収入証明書は必須ではない

実はキャッシングやカードローンの審査において、銀行系であれ消費者金融系であれ収入証明書の提出は義務付けられていません。収入証明書が必要になるのは自営業者など一部の職業の人だけとなっています。

 

これは貸金業法によって貸し出し金額の上限が定められており、消費者金融ならば一社からは50万円まで、銀行カードローンならば100万円や300万円といった銀行ごとの規定の上限金額までしか借りられないと最初から決まっているためです。この規定金額までの借入なら基本的に収入証明書の提出は必要がなく、そもそも収入のない専業主婦も同じ扱いになります。

 

配偶者の収入証明書も必要なし

専業主婦が借入をする場合、その返済は配偶者の収入から行われるのが自然です。ですので配偶者の収入証明をしなければいけないのではないかと考えるのも無理のないことですが、これも通常は必要ありません。

 

何故なら、専業主婦として生活している当事者が存在している時点で配偶者の収入は安定していると判断できるからです。現在、専業主婦という立場は決して弱いものではありません。専業主婦が成立している時点で安定した収入や資産を持っていると十分に判断可能なのです。そのためわざわざ配偶者の収入を証明しなくても大丈夫というわけです。

 

それでもリスクはあるのにどうして未確認なのか

しかし当然、お金を貸し出す側には常に貸し倒れのリスクが付きまといます。普通に考えれば専業主婦であれ他のどんな職業の人であれ、貸し出す相手の収入証明を取っておくべきだと誰もが思うはずです。ですが現実的にそれは不可能なのです。

 

銀行や消費者金融の貸し出し業務は毎日膨大な数に上りますから、比較的少額の貸し出しに対してまで細かく収入確認を取っていたら作業がパンクしてしまいます。そこで貸金業法で定められる最低額の借入しか行わない一般の利用者に対してはそこまで厳密な審査を行っていないのです。

 

大手であればあるほど薄利多売の商法と同じ理屈で、利用者が多くなるほどリスクは軽減できますので多少の貸し倒れがあったとしてもより良いサービスを提供して利用者を増やした方がいいという判断になります。ですので、審査が厳しいほど質の高いサービスであるとは一概には言えません。料理店にも高級店とファストフード店があるように、手軽に素早く利用したいユーザーはそれに向いた店を選べばいいのです。

 

配偶者に秘密でキャッシングすることは可能?

有名銀行のカードローンの場合、収入証明書は必要なくとも配偶者の同意書は提出する必要があります。しかし、一部の銀行ではその同意書も不要としているところがあります。

 

  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 東京スター銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 横浜銀行

 

以上の銀行がその代表です。他にもいくつかありますがこれらは有名銀行でありながら配偶者の同意書を必要としないので、パートナーにカードローン申し込みがバレるのが怖いという時にはまずはこれらの銀行を利用候補としましょう。

 

それぞれの銀行の特徴を把握する

上記の銀行においても各銀行で細かく条件は違っているので自分に合った銀行を正しく選ぶことが重要です。専業主婦が借入をする際には上限金額が低く抑えられることがありますので、なるべく多くの金額を借りたいのであれば上限金額が50万円に設定されているイオン銀行や楽天銀行を選びましょう。

 

他の銀行は基本的に専業主婦への無条件貸し出しは30万円が上限となっていますが、イオンと楽天はそれこそ専業主婦をメインターゲットにしている会社であり銀行ですからそれだけ主婦向けのサービスには力を入れています。専業主婦を相手にしたサービス説明などにも長けていますので、上限金額のことだけでなく最初に申し込みをする銀行としてこの二つは特に狙い目と言えるでしょう。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日