夫婦の年収を合わせれば融資枠を増やせる

キャッシングの限度額は個人の収入など返済能力に応じて決められますが、配偶者貸付という制度を利用すると夫婦の年収を合わせた額に応じて融資を受ける事ができます。

 

貸金業法の総量規制では、年収の3分の1まで借入をする事ができますが、配偶者貸付を利用すると夫婦の年収の合計の3分の1まで融資額を引きのばす事ができるようになるので、より多くの資金が必要な場合にはとても助かります。

主婦でもおすすめなキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

配偶者貸付を利用するメリット

配偶者貸付を利用するためには、通常のキャッシングよりも手続きは多くなります。でも面倒だからといってそれぞれの名義で借り入れをすると損をする場合があります。夫婦双方に安定収入があるのならば、別々に申し込みをしてもそれぞれが借り入れをする事はできますが、キャッシングは利用額が低ければ低いほど金利も高い設定になってしまいます。

 

もしもまとまった額が必要なのであれば、夫婦で別に借り入れるよりも配偶者貸付にした方が借入総額がまとまるので金利もその分安くなります。既に総量規制の範囲内いっぱいに借金をしてしまっていて、もう借りられないという場合でも夫婦の収入を合算すれば限度額が広がる事になります。

 

配偶者貸付を利用するには

個人のキャッシングであれば用意する物が少なくても、配偶者貸付の場合には提出する物が増える事になります。まず第一に配偶者がいるという事、そして夫婦双方の本人確認書類、配偶者の同意書、住民票などの書類を用意します。

 

収入のない専業主婦でも銀行のカードローンならば同意書なしでキャッシングを利用できるので、配偶者に借金の存在を知られる事はありませんが、配偶者貸付の場合には夫の同意書が必要になるので相手の許可なく融資を受けるというわけにはいきません。

 

婚姻関係を証明するための書類は必要ですが、戸籍謄本などでなくても住民票で十分です。融資を扱う銀行によりますが、事実上夫婦のように生活している人達でも配偶者貸付の制度を利用する事は可能です。その場合でも事実婚状態である事を書類で証明する必要がありますので、住民票以外に事実婚契約を証明する書類を用意しておいた方がいいでしょう。

 

実際に配偶者貸付を利用するには審査にも時間がかる場合もありスピード融資には向かず、基本的に契約者本人に安定収入がある事が前提の消費者金融での取り扱いはありませんが、銀行カードローンでは扱っているところもあります。

 

借金を一本化したいなら

もしも複数社からの借入があってそれらを一本にしたいというのであれば、配偶者貸付を利用するよりもおまとめローンを利用しましょう。おまとめローンなら総量規制の対象外なので収入の3分の1を超える借金があっても一本に出来ます。銀行だけでなく消費者金融にもおまとめローンはあって、もちろん総量規制はありません。

 

審査も個人のキャッシングとほとんど変わりなく、問題がなければ複数ある借金を簡単に一本にできますのでおすすめです。しかもおまとめローンは通常のキャッシングより金利が安くなっているので、いくつもの会社に毎月何度も返済する手間が省けるだけでなく、支払う利息の総額も大きく変わってくる事になります。

 

だたし、おまとめローンはキャッシングではないので、一度借り換えると追加で融資を受ける事ができなくなりますので返済一本になります。おまとめローンを利用しなければならないほどに借金が複数社にのぼっているのであれば、まずはそれらの借金を少しでも減らしていくようにしましょう。

 

多重債務に陥ると、返済が滞る事が重なって金融事故につながる危険が高くなります。そうなってしまうと信用情報に傷がついてしまって新たな融資の審査には通らなくなってしまいます。それはおまとめローンの審査も同じ事で、金融事故を起こしている人は複数ある借金を一本にまとめる事も不可能になってしまいます。

 

そこまで来ると、他の解決方法としては債務整理をするという事になります。債務整理にもいくつか種類があって、いきなり自己破産するのではなく返済額を減額してもらったりと条件を変えてもらって返済していく方法もあります。場合によっては住宅ローンを支払いながら、その住宅を手放す事なく借金を整理する事も可能ですので、多重債務に陥ってしまってもあきらめないで弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてみましょう。

 

業者選びは慎重に

お金を貸す業者はたくさんあります。銀行や大手の消費者金融は多くの人がコマーシャル等でも毎日目にする事が多いので安心して利用できますが、それ以外にも小さな貸金業者というものが多く存在しています。そ

 

の中には悪質な業者も多く、俗に言うヤミ金のような業者はブラックの人でも融資ができるといって無理な貸付をしているのが現状です。どこからも借りられない状況になってしまわないよう、お金に困ったらすぐ借りるというのではなくまず生活を見直して今ある借金をなるべく減らすように行動する事をおすすめします。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日