借り入れによっては収入証明書が必要になります

キャッシングの審査に必要な書類は、基本的には身分証明書だけです。これには運転免許証が使われることが多く、また他にも健康保険証やパスポートでも大丈夫です。また住基ネットカードやマイナンバーカードはキャッシング会社によっては扱っていない場合があるので注意してください。

 

借り入れ金額が高額になると、その他に収入証明書が必要になります。消費者金融の場合は50万円を超える借り入れになると必要になり、銀行の場合はその銀行によって違いますが、100万円を超える場合から必要になることや、300万円を超える場合から必要になることがあります。

 

基本的に必要なのは身分証明書だけです

消費者金融では50万円以下の借り入れ時には身分証明書だけを用意すれば大丈夫です。銀行のカードローンでも同様で、その銀行が定めた額までの借り入れには他の書類は必要になりません。銀行では独自に収入証明書の提出が必要になる金額を設定しています。

 

具体的には三菱東京UFJ銀行では100万円を超える場合から必要になり、みずほ銀行では200万円から必要になります。その他の銀行はほとんど300万円からだと思ってください。また地方銀行では100万円や200万円からのところが多くあります。

 

消費者金融では会社を問わず、50万円を超える借り入れ時には必ず提出が必要になります。これはそういう取り決めがあるためで、この1社から50万円を超える借り入れを行う場合と、他社からの借り入れ金額と合わせて合計100万円を超えるような場合にも収入証明書の提出が必要になります。

 

また身分証明書は運転免許証を用意できる場合はそれが一番です。パスポートでも問題ありませんが、健康保険証の場合は顔写真がないため、例えば住民票などのその他の書類を一緒に提出するように要求されるケースがままあります。

 

収入証明書になる書類

この収入証明書として利用できる書類ですが、会社員の場合は源泉徴収票がよく利用されます。これは年末調整の際に会社からもらえるもので、無くしてしまった場合でも再発行が可能です。

 

これによって前年の年収が確認できます。また確定申告を行った場合は、受付印を受けた確定申告書の控えが利用できます。その他にも納税証明書や課税・非課税証明書など、年収が確認できる公的な書類が利用できます。

 

自営業や個人事業主の場合は

自営業や個人事業主、またフリーランスの人など、どこかに勤務している訳ではない人の場合、借り入れ金額に関わらず、キャッシングの申し込み時には身分証明書と共に必ず収入証明書が必要になります。

 

会社員の場合と違って決まった定期的な収入がある訳ではないので、比較的不安定だと思われているためです。この場合には会社員の場合と同じく、確定申告書の控えや納税証明書、課税・非課税証明書、また住民税の決定通知書や所得証明書などの年収が記載されている公的な書類が利用できます。申し込み金額に関わらず、これらの書類を申し込み時に身分証明書と一緒に提出してください。

 

専業主婦の場合は

自身に収入がない人は消費者金融からの借り入れは行うことができないため、専業主婦の場合は銀行のカードローンを利用することになります。この契約時に必要になる書類は、基本的には身分証明書と配偶者(夫)の同意書、そして住民票などの夫との婚姻関係が証明できる書類です。これらについて説明していきます。

 

まず配偶者の同意書は必要にならない銀行があるので、夫に内緒で借り入れを行いたい場合はそういった銀行を利用することで、夫にキャッシングを利用していることを秘密にすることができます。具体的には大手では三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行、そしてイオン銀行や横浜銀行、また楽天銀行でもこの同意書の提出が必要ありません。

 

住民票は、夫との婚姻関係を証明するために必要になります。夫に定期的な収入があることが専業主婦が借り入れを行える条件だからです。これはその他に戸籍謄本や戸籍抄本などの公的な書類でも代用が可能です。そして上記の同意書が必要にならない銀行の中で、この住民票などの婚姻関係を証明する書類が必要にならない銀行があります。

 

それは横浜銀行と楽天銀行です。この2行の場合、専業主婦でも身分証明書だけで借り入れを行うことができます。ですが横浜銀行から借り入れを行うには、神奈川県か東京都、もしくは群馬県の前橋市、高崎市、桐生市のいずれか在住している、もしくは勤務している必要があります。楽天銀行ではそのような住居などの制限はありません。

 

このように身分証明書だけで申し込みが行え、また夫にも内緒にできるので、専業主婦が一番気軽に申し込みを行えるのは楽天銀行になります。またこの専業主婦のカードローンの契約では、限度額は30万円のことがほとんどです。それ以上の借り入れは難しいと思ってください。

 

主婦でもおすすめなキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

学生の場合は

学生でもアルバイトなどで本人に収入がある場合、キャッシングの利用が可能です。また20歳以上であることが条件になります。

 

消費者金融では基本的に身分証明書だけで大丈夫ですが、銀行の場合はその他に親権者の同意書が必要になることがあります。また学生ローンなどの学生専用のローン契約では、学生証が必要になります。その他は社会人の場合と同様だと思ってください。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日