それぞれの条件次第

キャッシングにおいて、新入社員と自営業の方、というのは数年間働いている会社員の方と比べて審査に通り辛いと言われています。ですが、借りやすいのはどちらかと言えば新入社員の方です。

 

もちろん、キャッシングの際は職業よりもそのほかの審査基準、クレジットヒストリーや現在の借入状況なども大きく影響しますので一概にどちらが借りやすいのか、ということは言えません。どちらも同じ条件ならば、新入社員の方がと言える、程度です。

 

新入社員の中にもキャッシングし易い場合とし難い場合がある

新入社員と言えども、正社員の方もいらっしゃいますし、派遣社員や契約社員という方もいらっしゃるでしょう。そうすると収入に違いが出てきますし、職を失う可能性で言えば正社員の方が少ないと言えます。

 

キャッシングの審査でもそのようなことも考慮されますので、正社員の場合の方が有利になり、派遣社員や契約社員の方は少し不利になります。もちろん、不利になるからと言え、絶対に審査に通らない、という訳ではありませんので心配する必要はありません。そのほかの要素で挽回することもできますから、諦める必要はありませんよ。

 

正社員の中にも差がある

さらにややこしいことに自分の勤めている会社によっても審査に有利、不利というものがあります。なぜかと言えば、まずは安定した会社についている場合、例えば大手の企業に勤めていてそう簡単に倒産するようなことがない企業の正社員ならば、突然収入が無くなって返済が滞ることもあり得ないでしょう。逆に今にも潰れそうな、不景気の悪影響にさらされている企業に勤めている正社員の方は、そのうち収入が無くなりそうだ、という判断をされてしまうのです。

 

また、会社の違いによっては収入にも違いが出ます。介護の仕事に就いている方とITの仕事に就いている方、どちらの新入社員の方が収入があるかと言えば、ITの仕事に務めている方だと想像が付くでしょう。そうすると、お金をきちんと返済してくれるのは、確実に後者で、前者にはなかなかお金を貸せない、という現状があるのです。

 

公務員はかなり審査に通過しやすい

また、今後の収入の安定や、収入額を考えると一番審査に通過しやすいのは公務員だと言えます。実際に公務員の方はキャッシング業界からもかなり重宝されています。それは、新入社員であっても同様です。

 

自営業の方が不利になる理由

ここまで説明していると、自営業の方の場合は、収入が不安定で、なおかつ今後の見通しが立たないから、ということが理由として考えられるのではないか、と推測できます。

 

自営業の方の審査基準は事業年数が高ウェイトを占める

そのようなことをどうやって金融機関は見抜いているのか、というと事業年数です。自営業をされている方の中には、一月の仕事で数十万円を稼いでいるという方が審査に通らなかったり、逆に毎月20万円くらいの収入だが、10年近く続けている自営業の方が審査に通る問う場合もあります。

 

事業が長く続いている、ということはこれまでもその仕事でしっかりと生きて来ており、さらに需要があるからこの先も当分は失業することはない、ということを知るための絶好の判断材料なのです。ですので、自営業の方の場合は事業年数が審査において重要になるのです。

 

年収が多いことももちろん大事

ですが、10年未満の開業歴でも、1000万円の年収があるような方でしたら、50万円くらいの融資ならば簡単に行ってくれます。融資を受けるのならば自分の年収を鑑みて、自分が返済することが容易にできる程度の金額に設定しておいた方が審査には通りやすくなります。ですので、収入はたくさんあった方が、キャッシングの際に有利になることは間違いありません。

 

自営業の場合はこれから先の見通しが本当に分からないため、金融機関としてもどうしても慎重にならざるを得ません。ですから、自営業の方は審査に不利になってしまうのです。逆に新入社員の方は少なくとも数年は生きていくだけのお金に困らないでしょうから、自営業の方と比較すると融資をし易いのです。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日