在籍確認トラブル回避して審査クリア率を高める

キャッシング審査の過程で個人情報を提供し、そこには勤務先情報も提供する事が一般的であり、審査の最終局面で在籍確認電話があります。

 

この段階まで審査が進んだ場合には審査クリアの可能性が非常に高いと言えますが、これが確実に審査クリアするサインというわけでは無いです。

 

在籍確認で失敗し審査落ちするパターンとは

在籍確認電話がかかってくる段階まで審査が進んだにも関わらず、審査落ちするパターンと言うのは在籍確認が取れない状態の時であり、連絡先に申し込み者が勤務している事が事実ならそのまま審査クリア可能です。在籍確認が取れないパターンを知っておくと良いでしょう。

 

そもそも職場の人が申し込み者を知らない場合

小規模の会社の場合は人間の数も少ないですから、業者からの確認電話で申し込み者が居るかどうか問われても大抵対応されるものです。ところが大きい会社で人間が多い職場と言うのは、同じ会社の人間でも接触機会すら無い事も多く、事務所に取り継がれた場合は在籍している社員に繋いだり対応が可能ですが、たまたま申し込み者の事を知らない人が電話を取ると、業者からの電話に対して取り継がない事もあります。仕事が忙しくて手を離せない方や態度の悪い従業員が電話を取れば、在籍確認が取れなくなる可能性があるものです。

 

在籍確認が取れずに審査に落ちる

電話を取った方の対応の悪さのせいで、在籍確認が取れずに審査に落ちるという事になるものです。これは運が非常に悪いパターンであり、一般的には在籍確認電話では申し込み者が席を外していても電話に出た人間が「席を外しています」と言えばそれだけでも存在を確認出来る事になります。

 

在籍確認の依頼を再度要求可能か?

何かしらの理由で在籍確認出来ない時に、業者に再度確認依頼する事が可能かどうかは、業者によって違っており、業者によっては受け付け可能であったり拒否される可能性があるものです。審査の混雑状況や申し込み者の信用、在籍確認時に電話対応した方の態度等によって決定する事になり、再度要求可能なのかどうかは明確に答える事が出来ず、状況次第と言えます。

 

こうした在籍確認のトラブルを防止する方法

在籍確認トラブル防止の為には、事前に自身を知っている方や部署に繋がる電話番号を業者に伝える事です。大きな会社でも部署ごとの電話番号があったり、指定する事が可能ですから、在籍確認電話においてミスが無いようにリスク管理しておく事は必要です。

 

電話番号の指定まで行って在籍確認が取れない時には審査落ちの可能性が高くなり、再度確認要求にも応じてもらえない可能性があり、勤務先の虚偽情報を提出したとして捉えられる可能性も高いですから注意が必要になります。電話番号指定は慎重に行い、確実に自身の事を知っている方が対応する電話番号指定を行う事が必要です。

 

電話対応者が気を配って逆に審査落ちになる場合

申し込み者の事を知る方が在籍確認電話に出たとしても、業者からの電話連絡に対して不信感を抱き、申し込み者への配慮からあえて「在籍しておりません」と答える場合もありえます。金融業者側も業者名で電話をかけずに個人名でかけてくる事になりますが、会社で普段から外部の取引先等から電話が入る方はまだしも、電話がかかってきようが無いような社員に電話が来れば怪しいと感じる可能性があります。

 

そういう時に電話対応した方が気を効かせて、あえて知らないと答える事がありますから、良心から来る配慮によって逆に審査落ちに繋がる事もあるのです。ですから職場の方にキャッシングがバレたくないという方は、事前に部署の方に保険関係の方が自分宛てに電話が来るという形で伝えておくと、取り次いでもらえたり、不在の時には席を外していると対応してもらえます。

 

確認電話に対応出来る準備方法とは

在籍確認で失敗するリスクを軽減させるには、職場に自身が居る状態で電話対応可能な時間まで指定してかけてきてもらう事です。

 

時間を完全に指定する事は難しいですが、金融業者側もある程度考慮してくれて指定時間に近い時にかけてきてくれますから、時間指定を行う事は有効な方法になります。

 

そもそも電話連絡自体が無い業者に申込む

在籍確認連絡も郵送物連絡も無く対応してくれるキャッシング業者もあり、こうした業者を利用すれば在籍確認電話でのトラブルを防ぐ事が可能です。ビットやプロミス、アコムは在籍確認電話無しで審査対応が可能であり、条件としては会社名が記載された保険証提示や給料明細を提出する事が必要になります。

 

これは家族や知人に借金がバレないという効果もあり、周りに知られずに借金したい時にも有効な手段ですから、活用するのも良いでしょう。

 

在籍確認無しで審査を進めていく条件について

モビットやプロミスは在籍確認可能な会社名記載の保険証提示、給与明細提示等が有効であり、アコムならば限度額が10万円以下の場合は電話無しで審査対応が可能です。

 

申し込み者の職種や申し込み内容次第では対応されない事もあり、特定の銀行口座を持っている事も利用条件になっている事もありますが、細部の条件設定は申し込み先業者の特徴をチェックした上で行うと良いです。

 

WEB完結等のネット経由での申し込みも有効であり、郵送物も無い事から借金利用しやすい使い方も可能になります。

当サイトおすすめ順カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日